コンサルタントに必要な3つのマインド

コンサルタントはスキル面だけでなく、働くにあたってのマインドも重要です。本記事では、コンサルタントとして、必要なマインドをお教えします。

コンサルタントに必要なマインドとは?

コンサルタントの使命は、難しい課題の解決策を考案し、それを遂行していくことですが、それにはスキルが高いだけでなく、適切なマインドを持ち合わせている必要があります。具体的には、①献身性、②主体性、③粘り強さです。それぞれについて、以下説明していきます。

コンサルタントに必要な3つのマインド

献身性

コンサルタントに必要なマインドの1つ目は献身性です。コンサルタントがクライアントを支援する立場である以上、当然ではありますが、クライアントに対し献身的に働いていく必要があります。常にクライアントファーストを意識し、自分のやりたいことではなく、クライアントの課題解決のために何をすべきか、を軸に行動していく必要があります。そもそも、仮に自分のアイデアが発端となった企画が成功したり、実行部分で最も動いた人間が自分だったりしても、世の中的に主要人物として扱われるのはクライアントの社員の方であり、コンサルタントの寄与が打ち出されることはほぼありません(もちろんクライアントや上司などは評価してくれると思いますが)。その一方で、クライアント社内の政治上、コンサルタントが悪者扱いさせられることもしばしばあります。こういった事象に対しても、プロジェクトが成功して、クライアントの利益になればそれでいいと考えられる人間である必要があります。極端なことを言えば、「他者が喜んでいる姿を見ることが自分の喜び」というところまで達することができる人でなければ、一人前のコンサルタントは難しいでしょう。

主体性

コンサルタントに必要なマインドの2つ目は主体性です。主体性というのは、自ら考え、行動していくことです。一見、①の献身性と相反するように思えますが、これらは両立します。というのも、コンサルタントは、クライアント自身では対処できない課題の解決を依頼されているわけなので、課題に対して何をどのようにすべきか、ということを自分が考えなければ、永遠に定義されません。もちろん、全部一人でやる、ということではなく、クライアントや上司・同僚など内外の他者に協力してもらいながらプロジェクトは遂行していくわけですが、その際にも、いつ、だれに、何を、どのようにやってほしいのかといったことは自分で考え、行動していく必要があります。このように、コンサルタントは、誰かからの指示を待つ受け身人間ではなく、プロジェクトの目的に沿って、自分がすべきことを自分で定義し、自発的に行動に移せるようにならなければいけません

粘り強さ

コンサルタントに必要なマインドの3つ目は粘り強さです。上述のとおり、コンサルタントは難しい課題の解決に向けて動いていくわけですが、当然、なかなか前に進まない局面もあります。例えば、理屈上はうまくいくと考えていた施策が期待した効果を得られなかったり、想像だにしなかった事象が発生して、プロジェクト遂行が滞ったり、ということは、日々動き続けるビジネス界では、しばしば発生します。時にクライアントの心が折れてしまうことすらありますが、そういった場面でも、コンサルタント自身は、絶対にあきらめることなく、違う策を考案したり、考案した策を実行していくためにプロジェクトメンバーを鼓舞したり、新たな協力者を募ったりと粘り強く課題解決に取り組んでいかなければなりません。クライアントが倒れていったとしても最後まで立ち続け、前に進もうとしていく人こそが一人前のコンサルタントなのです。

最後に

転職に当たっては、書類審査や面接を通じて、これまでの職歴の中で、上述の3つのマインドを持ちながら仕事をしてきたか見られることとなります。自己の経歴を話す際には、3つのマインドを持ちながら、仕事をしてきたことをしっかりと伝えるようにしましょう。

金融、IT、コンサル、製造業、エグゼクティブの転職支援なら【コトラ】